Switch to: English

Activityat the Systems Pharmacology

研究と研究以外の事.

What's new

Link

  • Triple CRISPR
  • CUBIC resource
  • Brain stars
  • 2017年7月5日  Cell. Rep. 論文発表

    Image 01

    マウス個体の全身・全臓器に存在するがん微小転移を1細胞レベルの解像度で解析するための基盤技術開発を報告しました。


    東京大学分子病理学分野(宮園研)との共同研究です。



    論文リンク

    2017年6月5日  npj. Syst. Biol. Appl. 総説発表

    Image 01

    マウス遺伝学を高速・並列化する「次世代マウス遺伝学」について、コンセプトと最新の技術開発状況をまとめた総説を発表しました。


    論文リンク

    2017年5月31日  Curr. Opin. Nerurobiol. 総説発表

    Image 01

    カルシウムシグナル依存的な睡眠制御について、関連する因子群の機能する時定数に着目して、イオンチャネルとリン酸化酵素の関係について考察した総説を発表しました。


    論文リンク

    2017年4月25日  Cell Rep. 論文発表

    Image 01

    可逆的なリン酸化をモデル化し、自律的空間パターン形成が生じうることを報告しました。


    論文リンク

    2017年4月21日  Neuroscience Res. 総説発表

    Image 01

    カルシウム依存的な神経細胞膜電位の過分極と哺乳類睡眠時間制御についての関わりを論じた総説を発表しました。


    論文リンク

    2017年4月21日  洲崎講師 若手科学者賞受賞

    Image 01

    当研究室の洲崎悦生講師が平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰・若手科学者賞を受賞しました。

    2017年3月29日  卒業&修了

    Image 01

    卒業・修了と今後の活躍を祈って、追いコンを開催しました。

    2017年1月31日  博士課程大学院生久保田君 育志賞

    Image 01

    当研究室博士課程大学院生の久保田君が育志賞を受賞しました。

    2017年1月5日  Mol. Cell 論文発表

    Image 01

    高速・並列遺伝子ノックインマウス作製技術と、それを用いたCRY1リン酸化を介した概日時計周期長制御を報告しました。


    論文リンク

    2017年1月1日  田井中講師 ご栄転

    Image 01

    当研究室の田井中講師が、特任教授として新潟大学脳研究所にご栄転されました。